国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/05/26

国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?


日本電子計算


国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?のセミナー概要 国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?の申込み



開催日時

2010年6月18日(金) 13:30〜16:45|申込み締切 2010年6月17日(木)
会  場 日本電子計算(株)1Fセミナ会場
東京都江東区東陽2-4-24
東西線東陽町2番出口より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |経営者CIO|情報システム部の統括
参加者プレゼント
基調講演者 中澤進氏著書『包括利益経営 IFRSが迫る投資家視点の経営改革』進呈

会員限定で「国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?」の続きが読めます

国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

ProPlus for C-x 【プロシップ】 クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」 【BearTail】 MJS_会計システムソリューション 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム
スタイリングライフグループ 固定資産管理システム統合の実態に迫る 領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。 会計システムへの不満はどこにある? アンケート調査で分かった製品選びのコツ

「会計システム」関連の特集


 中小企業の社長さんに「予算は立てていらっしゃいますか?」という質問をしてみると、ほぼ全員の方が「も…



前回「黒字・赤字の理由がいえなければ社長失格」の最後に、社長さんに求められる模範回答を掲載しました。…



月末の経費精算…重要な処理だが、忙しい営業担当にとって“生産性のない時間”を取られるのは大きなストレ…


「会計システム」関連のセミナー

第4回電子帳簿保存法改正によるメリットと業務改善セミナー 【日立システムズ】  

開催日 7月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

好評により、“電子帳簿保存法”を活用した業務プロセス改善セミナーの第4回を開催します。平成27年度および平成28年度の税制改正により、税務関係書類のスキャナー保…

SuperStream-NXは何が変わった? 【キヤノンITソリューションズ/スーパーストリーム】  

開催日 7月11日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

 会計・人給を中心とした統合経営基盤であるSuperStream-NXが誕生してから7年半が経ちました。その間に時代は大きく変化してきています。強固な経営基盤、…

第6回SuperStream-COREから「NXシリーズ」への移行セミナー 【日立システムズ】  

開催日 7月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

この度、日立システムズでは、SuperStream-COREをご利用中のお客さまを対象としたセミナーを開催します。本セミナーでは、SuperStream会計ソリ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国際会計基準(IFRS)の動向と求めることとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50031994


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ