リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティング

IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/05/22

リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティング


エイケア・システムズ/ブレインパッド


リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティングのセミナー概要 リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティングのプログラム リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティングの申込み



開催日時

2010年6月16日(水) 14:00〜16:00|申込み締切 2010年6月15日(火)
会  場 東京中小企業投資育成株式会社 8F会議室
東京都渋谷区渋谷3-29-22
JR渋谷駅 新南口徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

営業・販売 |全社スタッフ|その他

会員限定で「リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティング」の続きが読めます

リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

顧客を取りこぼさない、カスタマーエクスペリエンスの品質向上法 【Zendesk】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 「LINE×自動対応」で新規顧客を開拓、日興証券に学ぶコンタクトセンター改善法 【NTTコミュニケーションズ】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI コールセンター/CTI
顧客を取りこぼさない、カスタマーエクスペリエンスの品質向上法 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 「LINE×自動対応」で新規顧客を開拓、日興証券に学ぶコンタクトセンター改善法

「コールセンター/CTI」関連の特集


IP基盤にデータを統合するユニファイドコミュニケーションにも落とし穴が‥。今回は、導入・活用の注意ポ…



秋葉原の「ドスパラ」、裏側のコールセンターではどのようなIT奮闘が繰り広げられている? BTOの現場…



 前回ご紹介した、「ヘルプ!」の声に対応する中で役立てる、自分の考え方や傾向を知るための“自己覚知”…


「コールセンター/CTI」関連のセミナー

福岡開催 マルチチャネル時代の次世代CCテクノロジーとは 【ベルシステム24】  

開催日 11月17日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

福岡開催 マルチチャネル時代の次世代コンタクトセンターテクノロジーとは顧客と企業をつなげるチャネルは、携帯電話やスマートフォン、SNSの普及で大きく変わりつつ…

クラウドを活用したコンタクトセンター運営のポイント 【楽天コミュニケーションズ/ラクス】 締切間近 

開催日 10月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

コンタクトセンター/ヘルプデスクの顧客対応品質の向上や生産性の改善にあたり、様々なサービスが出回っています。自社にあったシステムを選ぶポイントや活用方法、実際の…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「リピート販売、クロスセルで売上upを実現する最新マーケティング」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50031967


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ