最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/04/29

最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナー


アシスト


最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナーのセミナー概要 最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナーの申込み



開催日時

2010年6月22日(火) 14:30〜17:00|申込み締切 2010年6月21日(月)
会  場 アシスト市ヶ谷セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分 
東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 より徒歩4分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 より徒歩6分
(A4出口へは各路線より地下通路にて移動可)または、JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナー」の続きが読めます

最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

クライアント操作ログ管理 「MylogStar(マイログスター)」 【ラネクシー】 導入前に押さえたい運用基盤としてのSIEM 活用ポイント 【マカフィー】 PC操作記録 iDoperation SC 【NTTテクノクロス】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
セキュリティ強化で詳細な証跡管理をおこなうにはPC操作ログが必要になる。MylogStarは物理・シンクライアント環境どちらでも高精度なログ収集力を発揮する。 導入前に押さえたい運用基盤としてのSIEM活用ポイント サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。

「統合ログ管理」関連の特集


昨今の重大な情報漏洩事件や被害事例に鑑み、システムには新しい脅威に対抗できる策が求められています。脅…



J-SOX対応の流れで内部不正防止目的として導入が進んだ統合ログ管理ツール。現在ではシステム部以外の…



はじめまして。吉政創成の吉政でございます。昨年は日経新聞の朝刊に自分のコメントが出たり、世界的な起業…


「統合ログ管理」関連のセミナー

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 1月16日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「最新 Logstorage Ver.4+監査れポータルで実現するセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50031608


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ