IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/04/29

新製品「Double-Take Backup」発表セミナー


シーティーシー・エスピー


新製品「Double-Take Backup」発表セミナーのセミナー概要 新製品「Double-Take Backup」発表セミナーのプログラム 新製品「Double-Take Backup」発表セミナーの申込み



開催日時

2010年5月18日(火)|申込み締切 2010年5月17日(月)
会  場 CTC大阪支店セミナールーム
大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル
地下鉄御堂筋線 新大阪駅下車 4番出口、徒歩3分
JR新大阪駅下車 3階中央口又は東口、徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「新製品「Double-Take Backup」発表セミナー」の続きが読めます

新製品「Double-Take Backup」発表セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「新製品「Double-Take Backup」発表セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ? オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

「バックアップツール」関連の特集


脚光を浴びる「データ重複排除機能」とは!?バックアップ業務にお悩みの方にこそお届けしたい、最新の注目…



導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリ…



策定したBCPは東日本大震災でも想定通りに機能したか?震災で得た教訓は?震災発生前にBCPを策定して…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorはシステムを稼働したままでも、止めた状態でも、高速にバックアップするために変更部分だけをバックアップする増分バックアッ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

新製品「Double-Take Backup」発表セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「新製品「Double-Take Backup」発表セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50031575


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ