時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/04/23

時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜


日本オラクル


時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜のセミナー概要 時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜の申込み



開催日時

2010年5月26日(水) 14:00〜17:10|申込み締切 2010年5月25日(火)
会  場 日本オラクル 13Fセミナールーム
東京都港区北青山2-5-8オラクル青山センター

地図はこちら
参加費

無料
定 員

60名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜」の続きが読めます

時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 情報連携支援 Qanat2.0 【JBアドバンスト・テクノロジー】 システム間の“データ連携”で実現、業務の自動化と効率化による人材不足の解消 【マジックソフトウェア・ジャパン】
EAI EAI EAI
企業内のさまざまなデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するミドルウェア
・11年連続国内シェアNo.1、導入実績は6000社以上
・高速開発・業務自動化を実現
企業内外(オンプレミス・クラウド)のさまざまなデータをノンプログラミングで簡単に他システムへ連携・変換し、業務の効率UP・運用コスト削減に貢献するデータ連携ツール。 システム間の“データ連携”で実現、業務の自動化と効率化による人材不足の解消

「EAI」関連の特集


富士キメラ総研の調べによると2012年までに約5〜15%の市場成長率が見込まれているEAIツールのシ…



EAI、Webサービス、ESBとキーワード続出のアプリケーション連携。しかしキャッチアップが難しいの…



 2015年12月、EAI/ESB市場で国内トップシェアを持つインフォテリアが、プライベート・ブロッ…


「EAI」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 4月10日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

攻めのIT部門になるための「高速開発」のススメ 【パナソニック インフォメーションシステムズ/インフォテリア】 締切間近 

開催日 3月2日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

市場環境の変化に即応できる「攻めのIT部門」の重要性が叫ばれてから久しいですが、同時にIT人材の不足も深刻化しています。既存のIT業務に追われ、攻めのIT部門に…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「時代は変わる〜投資対効果重視の時代の情報活用基盤とは〜」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50031510


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ