なぜ韓国は強いのか。急成長企業の「マスターデータ管理」の極意

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/04/23

なぜ韓国は強いのか。急成長企業の「マスターデータ管理」の極意


日本オラクル


なぜ韓国は強いのか。急成長企業の「マスターデータ管理」の極意のセミナー概要 なぜ韓国は強いのか。急成長企業の「マスターデータ管理」の極意のプログラム なぜ韓国は強いのか。急成長企業の「マスターデータ管理」の極意の申込み



開催日時

2010年5月19日(水) 13:30〜17:00|申込み締切 2010年5月19日(水)
会  場 大手町ファーストスクエア カンファレンス ルームA
東京都千代田区大手町1-5-1ファーストスクエアイーストタワー2F
地下鉄 大手町駅(C8/C11/C12 出口直結)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |製造・生産管理|情報システム部の統括


セミナー概要

新興国の趨勢--なかでも韓国企業の元気の良さには目を見張るものがあります。その強さの源泉には、事業の拡大やグローバル化によって複雑化した組織や業務システムが生み出した「各種マスターデータの不整合」を整備した事実があります。
ビジネスの現状把握に膨大な時間と労力がかかり、更にその情報の精度がきわめて低い…このような状況は、グループ各社の財務指標を週次で評価したり、拠点・店舗・製品別の売上分析を毎日行なったりという基本的な経営管理にすら支障をきたしています。
強く持続的な成長を遂げるために。貴社にも、マスターデータ管理が必要ではないでしょうか?
本セミナーでは、急成長を遂げた韓国の世界的企業、LGエレクトロニクスをはじめ、その他企業の事例から、その価値及び導入手法をご紹介いたします。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2010/05/19
13:30〜13:35

ご挨拶

講師 保々雅世
日本オラクル株式会社
アプリケーション事業統括本部 常務執行役員/統括本部長
2010/05/19
13:35〜14:35

なぜ韓国は強いのか!?急成長企業が取り組んだ「マスターデータ管理」の極意〜Oracle Global MDM Practice〜

企業におけるマスターデータとは?そしてなぜその管理が企業経営に重大な意味をもたらすのか?経営へのリターンは?
本セッションでは、LGエレクトロニクス他、グローバルで急成長を遂げている企業がその経営のためにマスターデータ管理に取り組んだ意味を、ROIなど具体的なメリットを表しながらご説明いたします。
講師 キム・デジュン
オラクル・コーポレーション
アジア・パシフィック アプリケーション・セールス・コンサルタント MDMディレクター
2010/05/19
14:45〜15:35

改革を阻害するマスター不整合の解消 〜Oracle MDMソリューションご紹介

顧客志向への改革を阻害する顧客マスターの不整合、製品イノベーションを阻害するバラバラな品目マスター、グループ経営強化の障害となる会社ごとに異なる財務・組織マスター…。Oracle MDM ソリューションは会社・業務・システム間で発生するこれらのマスターの不整合を解消して業務迅速化と経営可視化を促進します。
講師 岡田 行秀
日本オラクル株式会社
アプリケーション事業統括本部 - SCM/PLM本部 ディレクター
2010/05/19
15:45〜17:00

詳細ケース・スタディ:LGエレクトロニクス他、韓国企業の実践的MDM導入手法

MDMの重要性を理解している企業は決して少なくありません。しかし導入を果たしている企業は多くないのが現状です。MDMのメリットが理解できたとしても、どの部門が担当するのか?グローバルで強固なデータ・ガバナンスを構築する方法は?データの品質はどう担保する?など、課題は山積しています。本セッションでは、LGエレクトロニクス他韓国の著名企業の実例をもとに、その実践的導入手法をご説明、その課題を紐解きます。
講師 キム・デジュン
オラクル・コーポレーション
アジア・パシフィック アプリケーション・セールス・コンサルタント MDMディレクター

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


日本オラクル株式会社
URL : http://www.oracle.com/lang/jp/index.html


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50031483


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ