情報活用を日常にするツールがここにある!

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/04/10

情報活用を日常にするツールがここにある!


アシスト


情報活用を日常にするツールがここにある!のセミナー概要 情報活用を日常にするツールがここにある!の申込み



開催日時

2010年5月11日(火) 13:30〜17:00|申込み締切 2010年5月10日(月)
会  場 株式会社アシスト 西日本支社 セミナールーム
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル28階
阪急/阪神/地下鉄 梅田駅より徒歩7分
または
JR大阪駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「情報活用を日常にするツールがここにある!」の続きが読めます

情報活用を日常にするツールがここにある!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 ビジネスインテリジェンス“NG集”が明らかにする成功の方程式(Actionista!) 【ジャストシステム】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI
ETL機能搭載。データ集計・分析・レポーティングをこれ1つで実現できるオールインワンBIツール。
サーバライセンス型のため、大人数での利用も一定コストで可能。
ビジネスインテリジェンス“NG集”が明らかにする成功の方程式 日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。

「BI」関連の特集


“次世代BI”とも言われるデータディスカバリツール。しかし、正直なところ「BIとの違いって何?」とい…



景気や先行きの不透明感を背景に、注目を集めて久しいBI。BIをより効果的に利用する考え方や活用方法と…



IT担当者564人を対象に「BIツールの導入状況」を調査。満足度や重視ポイント、導入時の課題などから…


「BI」関連のセミナー

第82回事例研究フォーラム 【アイエルアイ総合研究所/ダブルエス・ソリューション】  

開催日 5月25日(金)   開催地 北海道   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介と実演体験セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステ…

Let's Start Microsoft Power BI 【大塚商会】  

開催日 4月20日(金),5月18日(金),6月15日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 2万7000円(税込)

【研修コースの目的】マイクロソフトが提供するPower BIを利用して社内データ視覚化などBI(ビジネスインテリジェンス)を始められる方が、無償ツールのPowe…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 5月30日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50031296


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ