「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー

IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/03/19

「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー


データコア・ソフトウェア/住商情報システム


「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナーのセミナー概要 「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナーのプログラム 「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナーの申込み



開催日時

2010年4月23日(金)|申込み締切 2010年4月16日(金)
会  場 大阪梅田センタービル 16階 会議室
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12
地下鉄・梅田駅・東梅田駅より徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の続きが読めます

「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

インテル ネットワーク・プラットフォーム・グループのビッグデータ分析 【インテル】 「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法 【日本アイ・ビー・エム】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
世界有数の金融機関が目指した、一元的なビッグデータ分析環境とは? 「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法

「ストレージ仮想化」関連の特集


企業内に乱立するストレージを個々に管理するのは疲れますよね…。ストレージ仮想化を使って効率のいい運用…



サーバ仮想化に比べて、まだまだ利用シーンの少ない「ストレージ仮想化」。同製品の導入可否を見極めるポイ…



サーバ仮想化やVDIなど、仮想環境でのシステム利用は増加中。そして次にくるのが、ストレージプールを仮…


「ストレージ仮想化」関連のセミナー

急成長を続ける先進プラットフォーム Nimble Storageセミナー 【Nimble Storage Japan/アセンテック】  

開催日 7月28日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、ビッグデータの処理や急激なビジネスモデルの変化、グローバル化に対応するため、企業は大容量データの効率的な処理が命題となっています。それによりデータセンター…

事例で学ぶ!いま注目のハイブリッドクラウドストレージセミナー 【日本マイクロソフト/アセンテック】  

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

現在、あらゆる企業が日々爆発的に増えるデータの保管に苦慮しており、ストレージの増大にコストが圧迫されています。この課題に対し、ハイブリッドクラウド ストレージソ…

『次世代仮想化』なるほどセミナー 【JBCC/カスペルスキー】  

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

カスペルスキー グリーンチームパートナー イベント協賛もっとゆ〜っくりお聞きになりませんか?『次世代仮想化』なるほどセミナーこんな課題や疑問をお持ちの企業様ぜひ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030945


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ