IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/02/17

SafeNet SRM新製品発表セミナー 


日本セーフネット


SafeNet SRM新製品発表セミナー のセミナー概要 SafeNet SRM新製品発表セミナー のプログラム SafeNet SRM新製品発表セミナー の申込み



開催日時

2010年3月11日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2010年3月9日(火)
会  場 ホテル日航大阪(白鳥)
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-3-3
地下鉄御堂筋線心斎橋駅8号出口直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

経営者CIO |プログラマ|製造・生産管理

会員限定で「SafeNet SRM新製品発表セミナー 」の続きが読めます

SafeNet SRM新製品発表セミナー 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SafeNet SRM新製品発表セミナー 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。

「IT資産管理」関連の特集


発覚すれば莫大な損害賠償や厳しい刑事罰が下ることもあるソフトウェアの不正利用。その現状を統計で確認し…



クライアントPCを制するものは企業の危機管理を制する。機能充実の高額ツールから安価なASPサービスま…



大企業で4億円、中小企業で1億円の賠償請求も? そんなリスクから逃れるために必要なソフトウェア資産管…


「IT資産管理」関連のセミナー

『改正個人情報保護法』直前対策セミナー(大阪) 【エイコー/LRM】  

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

改正個人情報保護法の全面施行日、5月30日まであとわずか。刻々と施行日が迫る中、まだ対応されていない企業がほとんどです。「どこから手をつければいいのかわからない…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 4月19日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

IT導入補助金セミナー 【協立情報通信】  

開催日 3月30日(木),4月11日(火),4月25日(火),5月9日(火),5月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

IT導入補助金(正式名称・サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SafeNet SRM新製品発表セミナー 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SafeNet SRM新製品発表セミナー 」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030515


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ