不況を乗り切る!データ活用術セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/02/17

不況を乗り切る!データ活用術セミナー


エイコー


不況を乗り切る!データ活用術セミナーのセミナー概要 不況を乗り切る!データ活用術セミナーのプログラム 不況を乗り切る!データ活用術セミナーの申込み



開催日時

2010年3月12日(金)|申込み締切 2010年3月11日(木)
会  場 株式会社エイコー 大阪本社
大阪府大阪市中央区南船場2-5-2 エイコービル
地下鉄 堺筋線・長堀鶴見緑地線 長堀橋駅より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|営業・販売

会員限定で「不況を乗り切る!データ活用術セミナー」の続きが読めます

不況を乗り切る!データ活用術セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「不況を乗り切る!データ活用術セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

「BI」関連の特集


そろそろ企業への導入が現実的になってきたBIの基本を、アニメーションで解説します。



業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…



 今回は「ビッグデータ」が量的にどれくらい伸びているのか?また、その中でも急激な伸びを示しているデー…


「BI」関連のセミナー

Qlik バーチャルイベント■ 2017年:データリテラシーの年■ 【主催 クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

★事前登録者限定で、後日、本イベントのオンデマンド版を配信いたします。当日のご予定がまだ分からないという方も、是非お早めにお申込みください。多くの組織と従業員が…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 4月6日(木),4月13日(木),4月20日(木),4月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

不況を乗り切る!データ活用術セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「不況を乗り切る!データ活用術セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030508


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ