IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/02/16

クラウド時代の情報セキュリティ対策


セキュアヴェイル/エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ


クラウド時代の情報セキュリティ対策のセミナー概要 クラウド時代の情報セキュリティ対策の申込み



開催日時

2010年2月26日(金) 13:40〜16:40|申込み締切 2010年2月25日(木)
会  場 ホテルモントレ大阪 14F 浪鳴館
大阪府大阪市北区梅田3-3-45
JR利用の場合
・JR大阪駅桜橋出口徒歩5分/・JR東西線北新地駅駅徒歩6分

地下鉄利用の場合
・四つ橋線西梅田駅徒歩5分/・御堂筋線梅田駅徒歩8分

私鉄利用の場合
・阪神梅田駅徒歩5分/・阪急梅田駅徒歩12分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用

会員限定で「クラウド時代の情報セキュリティ対策」の続きが読めます

クラウド時代の情報セキュリティ対策」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クラウド時代の情報セキュリティ対策」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール 【インターコム】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 情報漏えい対策から残業管理まで、統合型クライアント端末監視ツールの実力は? 【インターコム】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 情報漏えい対策から残業管理まで、統合型クライアント端末監視ツールの実力は?

「統合ログ管理」関連の特集


2009年度の市場規模が、前年比23.5%増の42億円であった「統合ログ管理ツール」。同製品の市場占…



昨年の「内部関係者」による国内最大規模の情報漏洩事件はまだ記憶に新しいはず。ログ管理で不正行為を検知…



統合ログ管理ツールの導入状況を調査。差の開いた大企業と中小企業の導入率、変化するログの収集対象など、…


「統合ログ管理」関連のセミナー

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 10月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド時代の情報セキュリティ対策」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド時代の情報セキュリティ対策」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030474


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ