IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/02/10

Symantec day 2010


ネットワールド/シマンテック


Symantec day 2010のセミナー概要 Symantec day 2010の申込み



開催日時

2010年3月2日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2010年3月2日(火)
会  場 第二吉本ビルディング貸会議室  AB会議室
大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザ ウエスト・オフィスタワー8F
JR大阪駅徒歩2分 地下鉄四ツ橋線 西梅田駅徒歩すぐ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「Symantec day 2010」の続きが読めます

Symantec day 2010」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Symantec day 2010」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。

「バックアップツール」関連の特集


日本の企業におけるクラウド利用はここ数年、予想よりも早い速度で浸透している感がある。キャリアやシステ…



必要なパフォーマンスを得るための要件とは!?ムダなデータをためこまない”重複排除機能”の効果を具体的…



脚光を浴びる「データ重複排除機能」とは!?バックアップ業務にお悩みの方にこそお届けしたい、最新の注目…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorはシステムを稼働したままでも、止めた状態でも、高速にバックアップするために変更部分だけをバックアップする増分バックアッ…

Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中でも、最新…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Symantec day 2010」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Symantec day 2010」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030440


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ