『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 埼玉県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/02/10

『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』


日本事務器


『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』のセミナー概要 『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』のプログラム 『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』の申込み



開催日時

2010年2月24日(水) 13:30〜17:30|申込み締切 2010年2月23日(火)
会  場 NEC関東甲信越支社 7Fセミナールーム
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-17 シーノ大宮サウスウィング 7F

参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ

会員限定で「『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』」の続きが読めます

『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 楽楽精算 【ラクス】
会計システム 会計システム 会計システム
資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

「会計システム」関連の特集


ノークリサーチの調べによると、2007年の調査分析では92.1%がパッケージ製品を利用中。今回は実際…



電子帳簿保存法における施行規則の改正で企業会計に大きな変化が訪れています。2015年に引き続き、更に…



昨年末に行った調査では、確定申告でのクラウドサービス利用率は全体の11.1%だった同市場。圧倒的占有…


「会計システム」関連のセミナー

IPA予算管理 体験ワークショップ 【日立ソリューションズ東日本】  

開催日 12月8日(金)   開催地 神奈川県   参加費 無料

【表計算ソフト利用の主な課題】共感する点は、ございませんか? ・シートが部署毎・担当毎にできてしまい、管理できなくなってしまう  ・値をコピーすることで、数値間…

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place)12月開催 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 12月18日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】  

開催日 1月26日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『IFRS導入に向けた影響分析に基づく経理部門のBPR』」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030377


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ