ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コース

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/02/03

ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コース


アーク


ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コースのセミナー概要 ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コースの申込み



開催日時

2010年3月23日(火)〜2010年3月24日(水) 09:30〜17:30|申込み締切 2010年3月10日(水)
会  場 アーク エグゼクティブ研修センター
東京都文京区本郷5丁目33番10号 IKB本郷ビル5階
後楽園駅(東京メトロ 丸ノ内線・南北線) 8番出口より4分
春日駅(都営地下鉄 三田線・大江戸線) A6出口より2分

地図はこちら
参加費

有料 9万8000円(税込)
定 員

25名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用

会員限定で「ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コース」の続きが読めます

ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コース」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コース」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「その他運用管理関連」関連の特集


安倍政権となり、新年より多少世の中の感じが変わってきているが、実態はますます借金が増えて財政難の中ど…



単純にオンプレミスからクラウドへと移行すれば、それだけでトータルコスト削減が見込めると言えるわけでは…



複雑化したIT基盤の運用管理の自動化の実現に向けて、ITベンダーの自律型(オートノミック)コンピュー…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

エンタプライズ・アプリケーション戦略サミット 2017 【ガートナー ジャパン】 注目 

開催日 3月16日(木)〜3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万4000円(税別)

モバイル、クラウド、ソーシャル、インフォメーション、IoTといったデジタル・テクノロジの革新は、これから未来にかけて起こることではない。今日、既に起きていること…

次世代の企業ITインフラを支えるエンジニアとは 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 3月31日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

一般的なITシステムでは、ネットワーク、OS、ミドルウェア、アプリケーションといった階層で構成され、多くの場合階層ごとに担当者が異なります。しかし、クラウドサー…

今、求められるファイルサーバ、クラウドストレージ活用セミナー 【日立ソリューションズ】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日々作られる業務データや長年に渡り蓄積された会社資産のデータで容量が増加し続けるファイルサーバ。管理者としては容量の節約、情報漏洩対策など「ファイルサーバの運用…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コース」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ITIL V3 ファンデーション研修(試験付き) 2日コース」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030230


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ