IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 兵庫県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/02/03

IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備


日本事務器


IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備のセミナー概要 IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備のプログラム IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備の申込み



開催日時

2010年2月16日(火) 13:00〜16:15|申込み締切 2010年2月12日(金)
会  場 三宮研修センター
兵庫県神戸市中央区八幡通4丁目2番12号
各線三ノ宮駅、三宮駅より徒歩5分

参加費

無料
定 員

45名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括

会員限定で「IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備」の続きが読めます

IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」 【BearTail】 楽楽精算 【ラクス】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】
会計システム 会計システム 会計システム
領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。

「会計システム」関連の特集


新規顧客との取引の際に、予想以上に手間となるのが与信管理作業。今回は、請求書発行業務から代金回収をシ…



2015年以降、強制適用の可能性が高まってきた国際会計基準(IFRS)の基礎解説と、情シスが対応すべ…



「KICHIRI」などを展開する飲食業のきちり。IT活用に積極的な同社は大量の領収書精算がスタッフの…


「会計システム」関連のセミナー

ICS会計システムセミナー2017 春 【ICSパートナーズ】  

開催日 2月24日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017春』では“「コックピット経営」、本格始動へ。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の…

ICS会計システムセミナー2017 春 【ICSパートナーズ】  

開催日 3月7日(火)   開催地 北海道   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017春』では“「コックピット経営」、本格始動へ。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の…

ICS会計システムセミナー2017 春 【ICSパートナーズ】  

開催日 2月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017春』では“「コックピット経営」、本格始動へ。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IFRS(国際財務報告基準)強制適用に向けての準備」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030208


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ