オープンソースで実現する企業の情報活用術

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/01/28

オープンソースで実現する企業の情報活用術


ビーブレイクシステムズ


オープンソースで実現する企業の情報活用術のセミナー概要 オープンソースで実現する企業の情報活用術のプログラム オープンソースで実現する企業の情報活用術の申込み



開催日時

2010年2月18日(木) 15:00〜17:00|申込み締切 2010年2月17日(水)
会  場 ビーブレイクシステムズ セミナールーム
東京都品川区西五反田2-19-3 五反田第一生命ビル
JR山手線・都営浅草線 五反田駅 徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「オープンソースで実現する企業の情報活用術」の続きが読めます

オープンソースで実現する企業の情報活用術」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「オープンソースで実現する企業の情報活用術」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 【日本アイ・ビーエム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツールとは 【ジャストシステム】 OfficeソフトのようなBIツールで「情シス依存」を解消! 【ジャストシステム】
BI BI BI
10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「BI」関連の特集


連携やシステムとの組み合わせがカギになる!一見何気ないデータも宝になりうる、セルフサービスBI。その…



クラウド時代に問い直される情シス部門の存在価値。「データサイエンティスト」の役割を担うことで拓ける情…



ストリーム・コンピューティングやSaaS、大量データを高速分析できるOSSなど、BIツールに関連する…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】 締切間近 

開催日 10月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

SAPユーザ様向け ナレッジセミナー 【JFEシステムズ/伊藤忠テクノソリューションズ】  

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

導入実績300社!JFEシステムズがご紹介するデータ統合による経営基盤の構築ポイント国内需要の低迷、海外事業の強化などの事業環境の変化により、多くの企業では、新…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソースで実現する企業の情報活用術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソースで実現する企業の情報活用術」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030113


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ