オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/01/23

オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナー


日本電気


オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナーのセミナー概要 オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナーの申込み



開催日時

2010年2月19日(金)|申込み締切 2010年2月19日(金)
会  場 ブロードバンドソリューションセンター (NEC関西ビル 2F)
大阪府大阪市中央区城見1-4-24
JR京橋駅 西出口より徒歩7分
京阪本線 京阪京橋駅 片町出口より徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナー」の続きが読めます

オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】
文書管理 文書管理 文書管理
SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。

「文書管理」関連の特集


税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくる…



文書管理ツールに様々な機能が付加されることで、選択肢は広まったものの、だからこそ本当に必要な製品を選…



2008年4月には日本版SOX法が施行される予定で上場企業とそのグループ会社は内部統制への取り組みが…


「文書管理」関連のセミナー

潜在的リスクの把握&ファイル「棚卸し」管理のススメセミナー 【クオリティソフト/国際産業技術/ARアドバンストテクノロジ】  

開催日 8月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、サイバー攻撃による被害や内部関係者による機密/個人情報の不正利用が非常に問題となっています。先日も世界各国でランサムウェア「WannaCry」の被害が大き…

事例から学ぶ!図面の共有を促進しながら外部流出を防ぐ方法とは 【オーシャンブリッジ】  

開催日 9月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

独自のノウハウや重要な技術情報が含まれるファイルを、国内拠点のみならず取引先や海外拠点にもスムーズに共有することが求められていますが、情報漏えいや二次利用を心配…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オフィスイノベーションに向けた文書・コンテンツ管理 セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50030061


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ