国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/01/16

国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾


富士通ビジネスシステム/エス・エス・ジェイ


国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 のセミナー概要 国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 のプログラム 国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 の申込み



開催日時

2010年1月26日(火) 14:30〜17:10|申込み締切 2010年1月25日(月)
会  場 富士通ビジネスシステム本社 2階 プロポーズルーム E、F
東京都文京区後楽1-7-27 後楽鹿島ビル
1.JR・東京メトロ 飯田橋駅 C2出口より徒歩約7分
2.大江戸線飯田橋駅出口より徒歩2分
3.東京メトロ 後楽園駅出口より徒歩約5分
4.JR水道橋駅出口より徒歩約8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |その他

会員限定で「国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 」の続きが読めます

国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは 【キリバ・ジャパン】 楽楽精算 【ラクス】 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】
会計システム 会計システム 会計システム
国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法

「会計システム」関連の特集


「このままだとコストが…」介護施設の拠点増設に伴い問題となったのは、1ヵ所で管理していた会計処理が、…



前回「黒字・赤字の理由がいえなければ社長失格」の最後に、社長さんに求められる模範回答を掲載しました。…



 この連載では、予算をコントロールするには細目レベルで予算を作成し、定期的に実績と比較することが効果…


「会計システム」関連のセミナー

経営管理ソリューション ハンズオン+活用事例紹介 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 1月29日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place)12月開催 【ワイ・ディ・シー】 締切間近 

開催日 12月18日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

RAKUS Cloud Forum 2017 【ラクス】  

開催日 12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

『クラウドの活用で経理はもっとラクになる。』 働き方改革が注目を集める中、企業にとって社員1人ひとりの生産性向上は 大きな課題です。 中でも経理部門においては定…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国際会計基準がもたらす影響とは?第二弾 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50029858


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ