仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティス

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/12/11

仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティス


横河レンタ・リース/日本ヒューレット・パッカード


仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティスのセミナー概要 仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティスのプログラム 仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティスの申込み



開催日時

2010年1月20日(水) 14:00〜16:50|申込み締切 2010年1月20日(水)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社 市ヶ谷本社
東京都千代田区五番町7
JR総武線:市ヶ谷駅下車 徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用

会員限定で「仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティス」の続きが読めます

仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティス」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティス」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップツール」関連の特集


導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリ…



バックアップの効率化は、システム管理者にとって大きな課題。システム環境の把握や要件を明確化、保存方針…



 サーバのバックアップには、D2T(ディスクトゥテープ)、 D2D(ディスクトゥディスク)など様々な…


「バックアップツール」関連のセミナー

2/23(木)VeeamでWindows物理マシンもばっちりサポート 【クライム】 締切間近 

開催日 2月23日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

既にリリースされていた物理マシンバックアップツール「Veeam Endpoint Backup FREE」が進化しました!簡単に行えるバックアップ、リストアに加…

Zertoバージョン5 仮想環境、クラウドレプリケーション 【クライム】  

開催日 3月9日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

3/9(木)開催『Zertoバージョン5 機能全貌ー異種ハイパーバイザ(VMware/Hyper-V)間、パブリッククラウド(AWS/Azure)へのレプリケー…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティス」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想化環境におけるベアメタルリカバリのベストプラクティス」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50029392


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ