データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/12/05

データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術


ネットワールド


データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術のセミナー概要 データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術の申込み



開催日時

2009年12月17日(木) 14:00〜16:15|申込み締切 2009年12月17日(木)
会  場 UDXカンファレンス 「Room A + B 」
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX南ウィング6F
JR秋葉原駅徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術」の続きが読めます

データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップツール」関連の特集


私はもともとBCPのコンサルタントや社内のBCP・BCM担当者ではなかったのですが、数年前BCPに関…



 サーバのバックアップには、D2T(ディスクトゥテープ)、 D2D(ディスクトゥディスク)など様々な…



 バックアップ製品というと、どのような製品を思い浮かべられるでしょうか?キーマンズネットのバックアッ…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】 締切間近 

開催日 1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

ActiveImage Protector Virtual Edition実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 1月31日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protector 2018 Virtual Editionの実機を使った体験セミナーです。ActiveImage Protector …

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データ重複除外技術による従来型バックアップの劇的変身術」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50029328


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ