【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナー

IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/12/10

【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナー


テクマトリックス


【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナーのセミナー概要 【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナーのプログラム 【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナーの申込み



開催日時

2010年3月17日(水)|申込み締切 2010年3月16日(火)
会  場 テクマトリックス セミナールーム
東京都港区高輪4-10-8 京急第7ビル3F
JR山手線 品川駅 または京浜急行線 品川駅

地図はこちら
参加費

無料
定 員

14名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |プログラマ|その他

会員限定で「【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナー」の続きが読めます

【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

アプリケーション開発サイクルにおけるテスト工程の効率化を実現する最適解 【CA Technologies】 ソフトやサービスの品質を担保する高度負荷テストのメリットとは? 【マイクロフォーカスエンタープライズ】 事例から読み解く、業務アプリ利用の多様なテストシナリオに対応する秘策とは? 【CA Technologies】
テストツール テストツール テストツール
アプリケーション開発サイクルにおけるテスト工程の効率化を実現する最適解 ソフトやサービスの品質を担保する高度負荷テストのメリットとは? 事例から読み解く、業務アプリ利用の多様なテストシナリオに対応する秘策とは?

「テストツール」関連の特集


ソフトウェアが社会生活の中に奥深く入り込むようになり、重要視されるようになった“テスト”。今、開発プ…



 連載の前回、前々回では、脅威がどのように変化し、それに対抗するべくセキュリティ製品がどのように進化…



過去3年のシステムトラブルの原因、約6割が性能問題!?システム稼働後のトラブルで”負のコスト”を出さ…


「テストツール」関連のセミナー

Unified Functional Testing体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 8月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

機能テストツール「Unified Functional Testing」の体験セミナーです。機能テストや、回帰テストにおける効率化、正確性の向上、短期化を実現し…

API開発利用でのテスト自動化とサービス仮想化のツール活用 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 5月1日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

APIの機能テスト、回帰テスト及びパフォーマンステストを効果的に実施するための「SOAtest」の活用方法と、そのテスト環境を効率的に構築するための「Virtu…

【SER-W1】「Ranorex」日本語最新版のご紹介 【テクマトリックス】  

開催日 5月23日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Windowsアプリ、Webアプリ、モバイルアプリに対応し、 高いUIキャプチャ能力とオブジェクト認識能力を備えた 「UIテスト自動化ツール Ranorex」の…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【SEJ-2】受け入れソースコードの品質向上セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50029289


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ