IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/12/02

HP SiteScope体験セミナー


アシスト


HP SiteScope体験セミナーのセミナー概要 HP SiteScope体験セミナーの申込み



開催日時

2010年2月16日(火) 10:00〜12:00|申込み締切 2010年2月15日(月)
会  場 アシスト市ヶ谷セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分 
東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 より徒歩4分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 より徒歩6分
(A4出口へは各路線より地下通路にて移動可)
または
JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

5名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「HP SiteScope体験セミナー」の続きが読めます

HP SiteScope体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「HP SiteScope体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
不満が噴出するファイルサーバの容量問題 拡張より先にすべき事 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。

「サーバー管理」関連の特集


 日本の情報システムの信頼度は世界でも群を抜いて高いが、情報システムの障害は程度の差こそあれ、発生す…



今回ピックアップするのはサーバー監視ツール。サーバーの安定稼働は企業にとって必須の要件だが、そのため…


「サーバー管理」関連のセミナー

【東京開催】SELinux 徹底攻略セミナー 【デージーネット】  

開催日 12月19日(月)〜12月20日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(税込)

【東京開催】SELinux徹底攻略セミナー <内容>SELinuxは、安全にサーバを運用するためのOS標準の機能です。Linuxでシステムの設定が適切に行われ、…

Zabbix 3.0 認定プロフェッショナルコース 【Zabbix Japan 】  

開催日 12月8日(木)〜12月9日(金)   開催地 福岡県   参加費 有料 10万8000円(税込)

Zabbixのプロフェッショナルを目指す本コースでは、Zabbixプロキシサーバーを使った分散監視や、Zabbixサーバーの内部的な動作、ローレベルディスカバリ…

Zabbix APIコース 【Zabbix Japan】  

開催日 1月23日(月)〜1月24日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 10万8000円(税込)

Zabbix APIトレーニングはZabbix社が作成したPHP用ライブラリ利用して実際にプログラミングを行いながら実際に動作するアプリケーションを作成し、AP…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

HP SiteScope体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「HP SiteScope体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50029170


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ