IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/11/27

ストレージ管理セミナー


ラネクシー


ストレージ管理セミナーのセミナー概要 ストレージ管理セミナーの申込み



開催日時

2009年12月9日(水) 14:00〜16:30|申込み締切 2009年12月8日(火)
会  場 ラネクシー本社3階セミナールーム
東京都新宿区百人町1-22-17フジビル26 

地図はこちら
参加費

無料
定 員

45名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |営業・販売|ネットワークの設計・運用

会員限定で「ストレージ管理セミナー」の続きが読めます

ストレージ管理セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ストレージ管理セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 【Veeam Software Japan 株式会社】 高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう 【アール・アイ】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。

「バックアップツール」関連の特集


データバックアップとイメージバックアップの違いとは…?最新の重複排除機能や仮想環境のバックアップも必…



データのバックアップは業務遂行において必要不可欠だ。しかし、バックアップを取るという手段がゴールにな…



大量の仮想マシンが並ぶ環境を効率よくバックアップするには? 運用の極意とリカバリーの新技術を紹介。


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 10月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ 【主催:サードウェア 協力:NECネクサソリューションズ/SBクラウド/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 9月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

★「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法★【もはや大企業だけではなくなった。「止められないシステム」「消えてはいけない」デ…

ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 10月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorはシステムを稼働したままでも、止めた状態でも、高速にバックアップするために変更部分だけをバックアップする増分バックアッ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ管理セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ管理セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50029165


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ