IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/11/17

コスト削減を実現するIT基盤とは?


日商エレクトロニクス


コスト削減を実現するIT基盤とは?のセミナー概要 コスト削減を実現するIT基盤とは?のプログラム コスト削減を実現するIT基盤とは?の申込み



開催日時

2009年11月30日(月) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年11月27日(金)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社 西日本支店 9Fセミナールーム
大阪府大阪市北区梅田3丁目3番10号 梅田ダイビル
JR大阪駅: 桜橋口下車 徒歩5分
阪神電鉄: 梅田駅 西改札下車 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|その他

会員限定で「コスト削減を実現するIT基盤とは?」の続きが読めます

コスト削減を実現するIT基盤とは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「コスト削減を実現するIT基盤とは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】
ID管理 ID管理 ID管理
申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションである。 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門

「ID管理」関連の特集


企業システムのユーザの追加や抹消、アクセス権限の変更などを適切に行う「アイデンティティ管理ツール」を…



居なくなった人のIDだけが生きている状況。それってマズくないですか?そこでアイデンティティ管理ツール…



 前回は、3つの経営層への説得シナリオの1つとして「リスク対応」についてお話しした。今回は、説得シナ…


「ID管理」関連のセミナー

OpenAMによるシングルサインオンの概要 【主催:かもめエンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

※本セミナーは、「具体的な案件がある企業さま」を優先させていただきます。情報収集段階の企業さまはご遠慮いただく場合がございます。※「キャンセル待ち」となっている…

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 12月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

テレワーク事例&ソリューションセミナー 【インターネットイニシアティブ/ソフトクリエイト】 締切間近 

開催日 12月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「働き方改革」を目的として、テレワークやリモートワークの導入が本格化しています。自宅でも外出先でも、スムーズかつ安全に業務を行えるようにするためのクラウドサービ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コスト削減を実現するIT基盤とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コスト削減を実現するIT基盤とは?」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028971


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ