Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナー

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/11/13

Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナー


シマンテック


Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナーのセミナー概要 Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナーのプログラム Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナーの申込み



開催日時

2009年12月9日(水) 15:00〜17:30|申込み締切 2009年12月8日(火)
2009年12月16日(水) 15:00〜17:30|申込み締切 2009年12月15日(火)
会  場 シマンテック赤坂本社 セミナールーム
東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ 9F
東京メトロ 銀座線/南北線 溜池山王駅 13 番出口より徒歩 3 分
東京メトロ 千代田線/丸ノ内線 国会議事堂前駅(溜池山王駅に接続)13 番出口より徒歩 3 分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

25名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用
参加者プレゼント
ご参加の方には、60日間無償でお試しいただける製品評価版や技術資料をプレゼントいたします。

会員限定で「Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナー」の続きが読めます

Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消

「バックアップツール」関連の特集


障害時に“やっててよかった”と実感するバックアップ。バックアップを効率よく行うためのツールの基本機能…



イチキュッパからプロフェッショナル版までの多様なラインアップの中で、いまゲキ売れしているのはどれ?要…



企業にお勤めの401人に、バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などリアルな状況…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Backup Exec System Recovery 2010 新バージョン体感セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028936


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ