IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/11/11

IFRS固定資産・資産除去債務セミナー


プロシップ


IFRS固定資産・資産除去債務セミナーのセミナー概要 IFRS固定資産・資産除去債務セミナーのプログラム IFRS固定資産・資産除去債務セミナーの申込み



開催日時

2009年11月26日(木) 13:30〜15:30|申込み締切 2009年11月25日(水)
会  場 プロシップ西日本支社大阪桜川ビル
大阪府大阪市浪速区幸町2-7-6大阪桜川ビル
地下鉄千日前線:桜川駅より徒歩1分(1番出口)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「IFRS固定資産・資産除去債務セミナー」の続きが読めます

IFRS固定資産・資産除去債務セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IFRS固定資産・資産除去債務セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 経理部門にも「働き方改革」、バックオフィス業務の効率化にERPが役立つ理由 【ミロク情報サービス】 楽楽精算 【ラクス】
会計システム 会計システム 会計システム
リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

「会計システム」関連の特集


すごくややこしい会計の話が、苦手な方も多いはず。そんな企業会計の基本と財務会計ソフトの最新機能をご紹…



89歳のおじいちゃんがクラウドを使いこなす!?調布市の老舗書店が抱えていた会計システムの問題。それを…



「KICHIRI」などを展開する飲食業のきちり。IT活用に積極的な同社は大量の領収書精算がスタッフの…


「会計システム」関連のセミナー

第3回RPAで経理部門の働き方改革セミナー 【日立システムズ】  

開催日 12月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

大好評「RPAで経理部門の働き方改革セミナー」の第3回を開催します!「働き方改革」が企業の重要課題である今、その手段の一つとして「RPA(Robotic Pro…

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】  

開催日 11月24日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place)12月開催 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 12月18日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IFRS固定資産・資産除去債務セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IFRS固定資産・資産除去債務セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028861


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ