クレジット業界向けITソリューションセミナー

IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/11/10

クレジット業界向けITソリューションセミナー


日商エレクトロニクス


クレジット業界向けITソリューションセミナーのセミナー概要 クレジット業界向けITソリューションセミナーのプログラム クレジット業界向けITソリューションセミナーの申込み



開催日時

2009年12月2日(水) 14:00〜17:30|申込み締切 2009年12月1日(火)
会  場 東京コンファレンスセンター・品川 大ホールB(5F)
東京都港区港南 1-9-36アレア品川 5F
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

200名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「クレジット業界向けITソリューションセミナー」の続きが読めます

クレジット業界向けITソリューションセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クレジット業界向けITソリューションセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

商品照会から店舗案内まで30秒、電話対応を「地図情報」が変えた 【富士通】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 LOHACOが活用するLINE上のAIチャットボット、応対の成否を左右する要素とは 【KDDIエボルバ】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI コールセンター/CTI
わずか半日で構築できた基幹データと地図情報の連携 劇的な効果に驚きの声 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 AI(人工知能)による顧客応対と聞くと実用性を疑う方もいるかもしれないが、既に通販サイトなどの身近な場所で活躍中だ。しかも、導入メリットは意外なほど大きいという。

「コールセンター/CTI」関連の特集


顧客の声に応えるために、重要なのがコンタクトセンター。今回は、効果的なコンタクトセンターを実現するた…



コンタクトセンタやヘルプデスクは顧客の生の声を直接聞くことができる重要な接点。より業務効率化が進み、…



電話の取次ぎがこんなに進化していた!クレームに最適?電話が鳴った時に、これまでの取引やクレーム履歴な…


「コールセンター/CTI」関連のセミナー

「コールセンターとAI活用の現状・課題」 (1) 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】  

開催日 4月20日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込)

近年、人工知能の研究は目覚ましく、大手IT事業者がそれぞれに独自の技術を発表しています。人工知能は人間の仕事を代行できると大きな期待が寄せられ、多くの仕事が近い…

「コールセンターとAI活用の現状・課題」 (2) 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】  

開催日 5月18日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込)

今回のセミナーでは4月の第一回に続き第2回目としてコールセンターの支援システムや人工知能の活用に関する取り組みを、先進各社から報告いただくことにします。このセミ…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クレジット業界向けITソリューションセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クレジット業界向けITソリューションセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028835


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ