「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/11/07

「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナー


住友電工情報システム


「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナーのセミナー概要 「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナーの申込み



開催日時

2009年12月11日(金) 14:00〜16:30|申込み締切 2009年12月10日(木)
会  場 住友電工情報システム 本社
大阪府大阪市淀川区西宮原2-1-3
新幹線、JR在来線・・・「新大阪駅」より徒歩約12分
地下鉄御堂筋線・・・「新大阪駅」より徒歩約8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|全社スタッフ

会員限定で「「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナー」の続きが読めます

「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「文書管理」関連の特集


法定保存文書の電子文書化が認められたe-文書法施行から約10年。だが、領収書などのスキャナ保存を申請…



キャビネット3本を廃止、書類探しの時間を激減!?クライアント情報や業務に関連する画像、地図データなど…



企業内で扱われる文書には様々な種類のものが含まれる。電子化やライフサイクル管理の必要性は以前から叫ば…


「文書管理」関連のセミナー

ドキュメント課題解決セミナー 【キヤノンビズアテンダ】  

開催日 7月7日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ビジネスの業務処理に紙文書を用いることは当然のように感じますが、多くの課題を生む要因にもなっています。デジタル化が進む社会であるにもかかわらず、なぜ企業の紙書類…

SDL Trados Studio Basic 5 「プロジェクトとパッケージの作成」 【SDLジャパン】 締切間近 

開催日 7月6日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

多言語のプロジェクト、複数の翻訳者が関わるプロジェクトでは、「単一文書の翻訳」というオプションを使用して翻訳を開始する代わりに、プロジェクトの作成を行います。 …

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「資料をさがすのに意外と時間取られていませんか?」セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028829


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ