IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/11/06

QAW/QND Plus による管理者体験セミナー


クオリティ


QAW/QND Plus による管理者体験セミナーのセミナー概要 QAW/QND Plus による管理者体験セミナーの申込み



開催日時

2009年11月11日(水) 14:30〜17:00|申込み締切 2009年11月10日(火)
会  場 クオリティセミナールーム
大阪府大阪市中央区本町2-5-7 大阪丸紅ビル12F
地下鉄御堂筋線 本町駅1(3)番出口より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

7名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「QAW/QND Plus による管理者体験セミナー」の続きが読めます

QAW/QND Plus による管理者体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「QAW/QND Plus による管理者体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと

「IT資産管理」関連の特集


時代の変化に応じて様々な機能が追加され、管理対象機器の資産を管理することだけにとどまることなく、用途…



ウイルスの影響で抜本的な見直しを迫られるクライアント管理。今回はその考え方をイチから整理した上でブレ…



大企業で4億円、中小企業で1億円の賠償請求も? そんなリスクから逃れるために必要なソフトウェア資産管…


「IT資産管理」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 1月12日(木),2月2日(木),3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー 【サイバネットシステム】  

開催日 3月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

IT資産管理ツールの導入担当者様に向けに、選定時に必ず比較対象となる売れ筋IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催いたします。それぞれの特長や機能を比較いただきな…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】 締切間近 

開催日 12月8日(木),2月23日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

QAW/QND Plus による管理者体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「QAW/QND Plus による管理者体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028775


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ