IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/10/03

運用管理ツール活用セミナ


野村総合研究所


運用管理ツール活用セミナのセミナー概要 運用管理ツール活用セミナのプログラム 運用管理ツール活用セミナの申込み



開催日時

2009年10月23日(金)|申込み締切 2009年10月22日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター(本社)9F
東京都千代田区丸の内1-6-5
・JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
(地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「運用管理ツール活用セミナ」の続きが読めます

運用管理ツール活用セミナ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「運用管理ツール活用セミナ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 HPEが“持ち出し”も辞さない「IT投資保護」プログラムを開発した理由 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 コモディティ化が速いITインフラでハコモノと技術を買うのはナンセンス。とはいえハコが不要なわけではない。IT投資を無駄にしないために、われわれは「何」を買うべきか。

「統合運用管理」関連の特集


ツールごとに違うカバー範囲、フタを開けてみないとわからない操作性、もっと掘り下げたい「実績」の見方、…



運用のお手本ITIL。しかしその一方で本当に使えるの?という声も…。そこで今回はITIL をイチから…



システム自身がトラブルに対応する夢の運用技術「自律運用」。その実現技術は確実に進歩しています。今回は…


「統合運用管理」関連のセミナー

サイバーレンジトレーニングシステムによる演習【ECサイト編】 【ニュートン・コンサルティング】 締切間近 

開催日 7月3日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 14万400円(税込)

本演習では、サイバーレンジ上に疑似的に用意されたECサイトへの攻撃の分析及び暫定対処演習を通して、ECサイトへの攻撃の理解、対応手順及びそのために必要な準備の概…

Hinemosで実現!システム運用自動化セミナ 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 7月11日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

近年の、仮想化技術の利用・パブリッククラウドの普及により、エンタープライズシステムは、より短期間での構築が可能となり、構成変更も柔軟に行えるようになりました。そ…

半日で習得するCSIRT構築の重要ポイント 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 10月4日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5万4000円

CSIRTとは、”Computer Security Incident Response Team”の略で、サイバー攻撃によるインシデントが発生した際に被害を最…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

運用管理ツール活用セミナ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用管理ツール活用セミナ」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028092


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ