仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/10/01

仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解


日本ヒューレット・パッカード/ヴイエムウェア/シマンテック


仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解のセミナー概要 仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解のプログラム 仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解の申込み



開催日時

2009年10月15日(木) 14:00〜17:30|申込み締切 2009年10月14日(水)
会  場 日本ヒューレット・パッカード 西日本支店 セミナールーム
大阪府大阪市北区梅田3丁目3番10号 梅田ダイビル
JR大阪駅 桜橋口下車徒歩5分、阪神電鉄 梅田駅西改札下車徒歩5分、地下鉄四ツ橋線 西梅田駅北改札下車徒歩5分、地下鉄御堂筋線 梅田駅南改札下車徒歩10分、阪急電鉄 梅田駅3階改札口下車徒歩15分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解」の続きが読めます

仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップツール」関連の特集


クラウドが当たり前になると、システムのバックアップは煩雑になりがち。どうすれば運用を楽に、効率的にで…



企業の貴重な情報資産となるデータが爆発的に増えている中、安全かつ確実に管理・保護はできていますか?今…



 バックアップの目的は物理環境でも仮想環境でも同一です。それなのに、物理環境と仮想環境とでバックアッ…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想化環境における最新ストレージのバックアップ最適解」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50028062


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ