ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/09/29

ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」


BMCソフトウェア


ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」のセミナー概要 ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」のプログラム ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」の申込み



開催日時

2009年10月8日(木) 15:00〜16:45|申込み締切 2009年10月7日(水)
会  場 BMCソフトウェア株式会社 東京オフィス ボードルーム
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー24階
東京メトロ千代田線中野坂上駅より徒歩3分

参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」」の続きが読めます

ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 企業の絶え間ない向上に欠かせない、デジタルエクスペリエンス管理とは? 【リバーベッドテクノロジー】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 企業の絶え間ない向上に欠かせない、デジタルエクスペリエンス管理とは?

「その他運用管理関連」関連の特集


最終回の今回は運用を統括する責任者における課題と解決について解説する。以前は開発部隊から引き継いだシ…



巷を賑わす「グリーンIT」。ベンダ各社から提言が相次ぐ中、ユーザ企業が取るべき施策とは?グリーンIT…



※ITIL is a Registered Trade Mark of the Cabinet Of…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

生産性向上につながる仕事の進め方 【トレノケート】  

開催日 5月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、ホワイトカラーの仕事は複雑で非定型な企画型業務、プロジェクト型業務が多くなっています。そのため環境変化に適応しながら、自ら思考・判断しながら仕事を進めてい…

アプリケーション性能管理「JENNIFER」のご紹介 【主催:アシスト】  

開催日 5月30日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

障害発生時の「工数削減」から「システム品質の担保」まで!アプリケーション性能の「見える化」を実現するJENNIFERの効果とは!?〜Webサービスのパフォーマン…

運用自動化体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 6月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

定常監視やメンテナンス等の定型業務、依頼や障害への対応作業などの運用業務が加速的に増加し、日々頭を悩まされていませんか。本セミナーでは、業務標準化、工数削減、品…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ITILセミナー「ITサービスの自動化とプロセス化のために」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027917


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ