国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/09/12

国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾


日本マネジメント総合研究所/日本ERM経営協会


国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾のセミナー概要 国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾の申込み



開催日時

2010年1月22日(金) 19:00〜21:00|申込み締切 2010年1月21日(木)
会  場 永楽倶楽部 (大会議室)
東京都千代田区永田町2-12-4 赤坂山王センタービル7F
東京メトロ 赤坂見附駅・溜池山王駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

有料 5000円
定 員

80名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括

会員限定で「国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾」の続きが読めます

国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

予算編成システム BizForecast(ビズフォーキャスト) 【プライマル】 ZeeM 会計 【クレオ】 営業チームの生産性を下げる「請求業務」 専任スタッフが置けない場合の対策は 【ラクーン】
会計システム 会計システム 会計システム
各企業における最適な予算編成を実現するグループ経営管理システム。「柔軟性の高さ」と「使い勝手の良さ」を兼ね備え、経営管理の効率化を支援する。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 営業チームの生産性を下げる「請求業務」 専任スタッフが置けない場合の対策は

「会計システム」関連の特集


 前回の記事「経費コントロールのポイントは予算作成にあり(1)」では、予算作成の最初のステップとして…



「このままだとコストが…」介護施設の拠点増設に伴い問題となったのは、1ヵ所で管理していた会計処理が、…



2016年7月時点で全体利用率は34%、うちクラウドサービスは13%だった会計ソフト市場。40.9%…


「会計システム」関連のセミナー

第10回SuperStream-COREから「NXシリーズ」への移行セミナー 【日立システムズ】  

開催日 3月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

この度、日立システムズでは、SuperStream-COREをご利用中のお客さまを対象としたセミナーを開催します。本セミナーでは、SuperStream会計ソリ…

ICS会計システムセミナー2018 春 【ICSパートナーズ】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2018春』では“予算は「枠」か。それとも「指針」か。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討…

第4回グループ経営管理セミナー 【日立システムズ】  

開催日 3月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、企業間競争の激化やM&Aなどの経営環境の変化にともない、自社の情報を正確に捉え、グループ戦略をいち早く立案・実行できるかが求められています。このような環境…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国際会計基準「IFRSリテラシー」セミナー第2弾」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027829


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ