W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/09/02

W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』


社団法人コンピュータソフトウェア協会 /サイズ


W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』のセミナー概要 W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』のプログラム W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』の申込み



開催日時

2009年9月15日(火) 17:30〜17:55|申込み締切 2009年9月14日(月)
会  場 CSAJ (社)コンピュータソフトウェア協会−会議室
東京都港区赤坂1-9-15 日本自転車会館1号館5F
【溜池山王駅】 東京メトロ銀座線・東京メトロ南北線12番出口徒歩4分
【虎ノ門駅】   東京メトロ銀座線3番出口徒歩8分

地図はこちら
参加費

有料 1000円(税込)
定 員

60名
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|全社スタッフ

会員限定で「W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』」の続きが読めます

W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発言語」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発言語」関連情報をランダムに表示しています。

「開発言語」関連の特集


「Struts」に代表されるJavaフレームワーク。しかしオープンソースで本当に大丈夫なのか? 今回…



スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを業務に使用することも多くなりました。iPhone/…



JavaやVBに押されレガシーなイメージのCOBOL。しかし今でもプログラム生産量ではCOBOLがT…


「開発言語」関連のセミナー

【開催確定】オブジェクト指向デザインパターン 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】 締切間近 

開催日 6月12日(火)〜6月15日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 23万6034円(税込・早割料金)〜

デザインパターンとは、拡張性、保守性、再利用性などの点で優れた既存のオブジェクト指向のプログラムの中に共通に現れる構造を、抽象化し分類・整理したもので、オブジェ…

実践的オブジェクト指向分析・設計と実装 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 6月5日(火)〜6月8日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 23万6034円(税込・早割料金)〜

アプリケーションやシステム開発の主流であるオブジェクト指向の主要な開発方法であるRUP (Rational Unified Process) の「ユースケース駆…

Delphi開発入門コース(東京開催) 【ミガロ.】  

開催日 7月12日(木)〜7月13日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 7万200円(税込)

Delphiでの開発がはじめてという方を対象に、Delphi開発時の操作、変数、関数などの基礎的な知識、主要なコンポーネントの使い方をマスターしていただくための…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「W3C の理想を体現し、DITA対応を目指す XML CMS『Web Meister』」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027652


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ