IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 神奈川県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/08/27

食品トレンド戦略セミナー


日本事務器


食品トレンド戦略セミナーのセミナー概要 食品トレンド戦略セミナーのプログラム 食品トレンド戦略セミナーの申込み



開催日時

2009年9月10日(木) 13:50〜16:20|申込み締切 2009年9月9日(水)
会  場 NEC神奈川支社
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3-5 クイーンズタワーC

参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |製造・生産管理|全社スタッフ

会員限定で「食品トレンド戦略セミナー」の続きが読めます

食品トレンド戦略セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「食品トレンド戦略セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】
文書管理 文書管理 文書管理
文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。

「文書管理」関連の特集


文書管理ツール、うまく利用できていますか?「コレは使える!」という新しい機能や様々なニーズに対する提…



IT担当者403人を対象に文書管理ツールの調査を実施。導入目的や重要ポイント、導入しない理由などから…



ソーシャルやモバイルと連携しながら「コンテンツ管理」は進化を続けています。競争力強化に役立つコンテン…


「文書管理」関連のセミナー

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート1) 【SDLジャパン】 締切間近 

開催日 12月20日(火)   開催地 大阪府   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2015 初級コース パート1 (翻訳)初めてSDL Trados Studioを使う方向けの入門コースです。 SDL T…

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート2) 【SDLジャパン】 締切間近 

開催日 12月21日(水)   開催地 大阪府   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2015 初級コース パート2 (翻訳サプライチェーンとの連係と翻訳資産の構築) SDL Trados Studio 2…

Tradosハンズオントレーニング (上級コース) 【SDLジャパン】  

開催日 12月16日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2015 上級コースSDL Trados Studio 2015の使用に既に習熟されている方を対象に、高度な機能を使用して…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

食品トレンド戦略セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「食品トレンド戦略セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027524


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ