「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/08/20

「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナー


コンサルティング・ファーム/日本NCRビジネスソリューション


 「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナーのセミナー概要  「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナーの申込み



開催日時

2009年9月10日(木) 13:30〜16:00|申込み締切 2009年9月9日(水)
会  場 大阪産業創造館 5F 研修室C
大阪府大阪市中央区本町1-4-5
地下鉄・中央線、堺筋線堺筋本町駅下車 徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |製造・生産管理|その他

会員限定で「 「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナー」の続きが読めます

「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「 「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum EA」 【ウイングアーク1st】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
情シスが資料作りに膨大な工数を使う苦境を劇的に改善した方法 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

「BI」関連の特集


セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシ…



大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…



ビジネス環境が変化して陳腐化していったBIツール。このような経験を繰り返さないためには、どのように選…


「BI」関連のセミナー

Dr.Sumで学ぶ実践BIゼミ前知識ゼロからわかるハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 7月26日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

本セミナーは2部構成となっております。第1部の製品紹介&ハンズオンでは今後データ活用ツールの導入をご検討されている企業様向けに、製品で解決できる課題や活用のポイ…

マイクロストラテジー・アナリティクス 体験会 【マイクロストラテジー・ジャパン】 締切間近 

開催日 7月28日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品のユーザー機能を中心にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対…

富士通データ活用セミナー「Domo」による解決策と成功事例 【富士通】 締切間近 

開催日 7月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「Domo」は社内の様々な部門が個別のシステムで管理・分析しているデータを一元管理し、あらゆる業務状況を可視化することで、最適なタイミングでデータの活用を促進す…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「 「NEWクロス分析チャート」体験版活用セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027402


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ