「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/08/19

「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!


RSAセキュリティ/ビック情報


 「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!のセミナー概要  「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!のプログラム  「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!の申込み



開催日時

2009年9月16日(水) 15:00〜17:45|申込み締切 2009年9月15日(火)
会  場 RSAセキュリティ トレーニングルーム
東京都千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビルヂング13F
JR東京駅 丸の内北口より徒歩3分、地下鉄大手町駅D4出口徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|ネットワークの設計・運用

会員限定で「 「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!」の続きが読めます

「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「 「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

統合ログ管理「LogRevi(ログレビ)」 【インテック】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】 印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
ログの種類をいくつ増やしても追加ライセンス不要!様々なログの取り込み実績あり!
大量のログ保管、高速検索、自動レポーティング!突合せ作業の自動化も実現。
・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する
印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。

「統合ログ管理」関連の特集


PCのログを監視するツールですが、解りにくいログではありません!録画したり、悪いPCを隔離などスゴイ…



今や“ログ管理”は企業規模を問わず、発注元などから求められる要件になってきている。最近ではログ収集の…



2011年度、前年比8.0%増の35億円となった同市場。イベント管理などこれまでと違ったアプローチを…


「統合ログ管理」関連のセミナー

最新版Logstorageのご紹介セミナー 【インフォサイエンス】 締切間近 

開催日 1月12日(木),1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ログ活用の事例を交えながら、統合ログ管理システムLogstorage最新版の機能をご紹介いたします。・セキュリティとログ管理・ログ管理の問題点とログストレージに…

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 1月12日(木),2月10日(金),3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「 「うちは大丈夫!」その過信と油断が情報漏えい事故になる!!」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027346


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ