USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探る

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/08/19

USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探る


メトロ/ソリトンシステムズ


USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探るのセミナー概要 USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探るのプログラム USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探るの申込み



開催日時

2009年9月4日(金) 15:00〜17:20|申込み締切 2009年9月3日(木)
2009年9月11日(金) 15:00〜17:20|申込み締切 2009年9月10日(木)
会  場 メトロ プレゼンテーションルーム
東京都品川区北品川5-9-15渡辺ビル
JR品川駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |その他
参加者プレゼント
MediaEncryptionを特別価格でご提供させていただく特典をご用意しています

会員限定で「USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探る」の続きが読めます

USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探る」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探る」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。

「暗号化」関連の特集


HDD本体を搭載機器から取り外しただけで記録データを瞬時に無効化!?情報漏洩対策の新キーワード「忘れ…



情報漏洩の原因の半数以上が紙媒体から…そこで生まれたのが「紙の暗号化」技術。暗号化した印刷物を、ケー…



公開鍵暗号の復号に用いる秘密鍵をクラウドで保存、管理できる仕組みを紹介!これで暗号化ファイルの利便性…


「暗号化」関連のセミナー

秘文タラレバセミナー 【アシスト】  

開催日 4月28日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

発生したセキュリティインシデントの背景には、たくさんの「タラレバ」が隠れています。「もしあの時、データの暗号化をしていたら・・・」「もしあの時、添付ファイルを開…

新たなサイバーセキュリティ上の脅威とその対策 【【主催】タレスジャパン/【共催】キヤノンITソリューションズ】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

新たなサイバーセキュリティに関する企業の対策調査などで定評のある「Data Threat Report」として最新版が発行されました。 日本の大手ユーザーを調査…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「USBメモリの活用と情報漏洩対策のバランスを探る」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027236


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ