IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/08/01

HASP新製品発表セミナー


日本セーフネット


HASP新製品発表セミナーのセミナー概要 HASP新製品発表セミナーのプログラム HASP新製品発表セミナーの申込み



開催日時

2009年9月2日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年8月31日(月)
会  場 東京コンファレンスセンター 品川 402
東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 4F
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

70名
こんな方にオススメ

その他

会員限定で「HASP新製品発表セミナー」の続きが読めます

HASP新製品発表セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「HASP新製品発表セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

「IT資産管理」関連の特集


Oracle DBやVMなどのライセンス管理、しっかりできていますか? 煩雑化しがちなサーバ仮想環境…



セキュリティ対策や省電力などへの根強いニーズがある同市場で、金額ベースで37.4%のシェアを獲得し、…



製品導入が一巡したと言われているIT資産管理ツール。しかしその実態は、うまく使いこなせていないという…


「IT資産管理」関連のセミナー

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月3日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

サイバー攻撃の85%を予防できる「5つの緩和策」とは 【主催:ソフトバンク コマース&サービス/共催:エムオーテックス/フレクセラ・ソフトウェア】 注目 

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

一般家庭のセキュリティは、窓やドアの鍵を万全にした上で、より強固にするために警備会社の警備システムを導入します。企業のセキュリティはどうでしょう?さまざまな機材…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

HASP新製品発表セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「HASP新製品発表セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027109


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ