もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/07/31

もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナー


マジックソフトウェア・ジャパン


もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナーのセミナー概要 もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナーの申込み



開催日時

2009年8月6日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年8月5日(水)
会  場 大阪商工会議所 4階 401号会議室
大阪府中央区本町橋2番8号
地下鉄堺筋線堺筋本町駅 または 谷町線谷町四丁目駅より徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

60名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナー」の続きが読めます

もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】
EAI EAI
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。

「EAI」関連の特集


富士キメラ総研の調べによると2012年までに約5〜15%の市場成長率が見込まれているEAIツールのシ…



企業内にばらばらに点在しているシステム同士を相互に連携させるEAI。現在、Webサービス、SOAなど…



今のことだけを考えて製品導入…数年後に大後悔…なんてことにならないように、導入前の製品選択ポイントを…


「EAI」関連のセミナー

データ連携ツールで解決!ASTERIA無料体験セミナー 【パナソニック インフォメーションシステムズ/インフォテリア】  

開催日 2月8日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

本セミナーでは、1人1台のPCをご用意し、実際に開発環境を操作をしながらASTERIA WARPによるデータ連携のための開発作業を体験していただきます。実際に開…

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 4月10日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

『RPA×EAIで働き方改革』 【パナソニック インフォメーションシステムズ】  

開催日 2月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨今、『働き方改革』が叫ばれ、少子高齢化による人手不足、時間的制約を持って働く人たちが増える中、多くの企業・団体にとっていかに生産性を上げるかは緊急の課題となっ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「もっと気軽にシステム連携:jBOLT活用ソリューションセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50027087


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ