IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/07/22

Business IT Forum 2009


大塚商会


Business IT Forum 2009のセミナー概要 Business IT Forum 2009のプログラム Business IT Forum 2009の申込み



開催日時

2009年8月6日(木) 10:00〜18:00|申込み締切 2009年8月4日(火)
2009年8月7日(金) 10:00〜18:00|申込み締切 2009年8月4日(火)
会  場 大塚商会 本社ビル 3階
東京都千代田区飯田橋2-18-4
JR総武線「飯田橋駅」東口 徒歩6分、JR総武線「水道橋駅」西口 徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|情報システム部の統括

会員限定で「Business IT Forum 2009」の続きが読めます

Business IT Forum 2009」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Business IT Forum 2009」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


クラウド移行に着手しても、実際には限定的な範囲での利用にとどまっている企業は多い。しかし、日本ビュー…



前回連載分もご覧いただくとより理解が深まります。※第1回「日本本社と、海外拠点の想い」http://…



 RDBMSにおける情報保護、いわゆるデータベース・セキュリティは2004年、個人情報保護法の完全施…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

原価管理パッケージ「J-CCOREs」トライアルセミナー 【JFEシステムズ】 締切間近 

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

数々の業種に適応し進化を続けてきた原価管理システム「J-CCOREs(ジェー・シー・コアーズ)」は、製品別原価・損益計算の実現のみにとどまらず、透明性の高い原価…

原価管理パッケージ「J-CCOREs」トライアルセミナー 【JFEシステムズ】  

開催日 6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

数々の業種に適応し進化を続けてきた原価管理システム「J-CCOREs(ジェー・シー・コアーズ)」は、製品別原価・損益計算の実現のみにとどまらず、透明性の高い原価…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Business IT Forum 2009」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Business IT Forum 2009」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50026857


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ