IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/07/09

内部統制対応のコスト削減の実現方法


エクサ/日本オラクル


内部統制対応のコスト削減の実現方法 のセミナー概要 内部統制対応のコスト削減の実現方法 の申込み



開催日時

2009年7月29日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年7月28日(火)
会  場 日本オラクル 本社 13階セミナールーム
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |その他

会員限定で「内部統制対応のコスト削減の実現方法 」の続きが読めます

内部統制対応のコスト削減の実現方法 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制対応のコスト削減の実現方法 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】
ID管理 ID管理 ID管理
システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる 業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。

「ID管理」関連の特集


 前回は、ソニー関連会社での個人情報漏洩事件からID管理が信頼関係の管理であること、この事件によって…



営業秘密の漏洩経路…50.3%が“中途退職者”という事実。複雑化した「特権ID」、見て見ぬふりしてい…



前回は、ソーシャルネットワークで利用されるスマートデバイスを狙う不正アプリケーションの脅威を説明した…


「ID管理」関連のセミナー

Office 365を簡単・安全に利用する方法とは 【サイバネットシステム】  

開催日 4月19日(水),5月24日(水),6月21日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365の利用が広がる中、どのようにOffice 365の導入を進めていくべきか悩んでいる企業は少なくないようです。従来、企業がOffice 365…

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

IDaaS OneLoginご紹介セミナー 【サイバネットシステム】  

開催日 4月26日(水),5月31日(水),6月28日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365やSalesforce.com、最近ではBoxやSlackなどのクラウドサービスの導入が企業で進んでいます。企業の業務がクラウド中心になるこ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制対応のコスト削減の実現方法 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制対応のコスト削減の実現方法 」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50026681


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ