IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/07/01

SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視


NECラーニング


SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視のセミナー概要 SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視の申込み



開催日時

2009年8月7日(金)|申込み締切 2009年8月6日(木)
会  場 NECラーニング芝公園研修センター
東京都港区芝2-7-17(NEC住友芝公園ビル)

地図はこちら
参加費

有料 4万7250円(税込)
定 員

20名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視」の続きが読めます

SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「eラーニングシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「eラーニングシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「eラーニングシステム」関連の製品

プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】 eラーニング「楽々てすと君」 【ソフトバンク コマース&サービス】 THiNQ Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】
eラーニングシステム eラーニングシステム eラーニングシステム
PowerPointファイルからマルチデバイス対応Webコンテンツを出力。高度な音声合成機能により、ナレーション付きコンテンツも手間やコストをかけずに作成可能。 「簡単」「お手軽」「シンプル」なeラーニングシステム。ブログ感覚で簡単にコンテンツが作成でき、アンケートシステムとしても利用することが可能。 簡単な操作でマルチデバイス対応のテスト/アンケート/クイズ・コンテンツを作成できるWindowsソフトウェア。出題や解答、解説には画像/音声/動画を利用可能。

「eラーニングシステム」関連の特集


 前回は、企業の情報セキュリティの要である「人的対策」を検討するにあたり、現状を把握するためのポイン…



2009年度、前年比で微増にとどまった「ラーニングマネジメントシステム」。今後の市場予測含め、同製品…



308人を対象に情シス関連の資格状況を調査。後編では、資格未保有者に対し、必要性や持たない理由、そし…


「eラーニングシステム」関連のセミナー

ビジネス思考力を真に身につける!新スタイルeラーニング教材 【日立インフォメーションアカデミー】  

開催日 5月15日(月)〜6月13日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

集合研修を受講したり、書籍を読んでみたけど、なかなか実務で試す機会がない・・・。当社にはそういった現場の声に応えるべく、ビジネスに役立つスキルの向上を目的とした…

ビジネス思考力を真に身につける!新スタイルeラーニング教材 【日立インフォメーションアカデミー】  

開催日 4月27日(木)〜5月26日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

集合研修を受講したり、書籍を読んでみたけど、なかなか実務で試す機会がない・・・。当社にはそういった現場の声に応えるべく、ビジネスに役立つスキルの向上を目的とした…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SCVMM を使ったHyper-V の管理と監視」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50026526


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ