IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/07/01

SCS Solution Day 2009


住商情報システム


SCS Solution Day 2009のセミナー概要 SCS Solution Day 2009のプログラム SCS Solution Day 2009の申込み



開催日時

2009年7月15日(水) 12:30〜17:40|申込み締切 2009年7月13日(月)
会  場 ウェスティンホテル東京 B2F ギャラクシールーム
東京都目黒区三田1-4-1
・JR山手線「恵比寿駅」東口より「恵比寿スカイウォーク」で約7分
・地下鉄日比谷線「恵比寿駅」下車。JR訪問出口より「恵比寿スカイウォーク」で約10分。 

地図はこちら
参加費

無料
定 員

150名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用


セミナー概要

仮想化時代のストレージ戦略


今や仮想化技術は様々なセグメントで取り入れられその効果は確実に上がってきております。特に昨年からサーバ仮想化が注目され、ストレージ環境を含めた“システム全体の仮想化効果(リソースの有効利用と効率の向上)”が求められています。その中でストレージシステムについてはI/Oの高速化、用量/性能拡張にともなうノンストップ性を求める“リソース(パフォーマンスとキャパシティ)・オン・デマンド”といった要件も出てきております。今回のセミナーでは、まさに仮想化時代で求められるストレージの具体的ソリューションと製品のご紹介を差し上げ、仮想化によるシステム構築の一助とさせていただきます。


このページの先頭へ


プログラム

2009/07/15
12:30〜

受付開始

2009/07/15
13:00〜13:10

挨拶

2009/07/15
13:10〜13:40

仮想化時代のストレージ戦略

今や仮想化技術は様々なセグメントで取り入れられておりますが、もともとはメインフレームの時代からそのソリューションは存在しており、リソースの有効利用・効率化でその効果は発揮されてきました。このセッションでは現在の仮想化セグメントとソリューションを概観し、仮想化の要点を把握、その本質(目的と効果)を探っていきます。
講師 住商情報システム株式会社
2009/07/15
13:40〜14:20

ストレージのパフォーマンスバリアを打ち破るSSD

CPU処理能力の向上に対しストレージIO処理能力の進化は約160、000倍の隔たりがあると言われております。スピンドルディスクの物理駆動方式には限界があり、その解決方法としてSSD(半導体ディスク)が俄かに脚光を浴びています。このセッションでは最新技術を駆使したSSDによる高速IO(High Performance化)の実現をご紹介します。
講師 Fusion Multisystems Inc.
2009/07/15
14:40〜15:20

最先端バックアップ装置iStorageHSだからできた導入事例の紹介

ストレージ技術の進化とともに、IOパフォーマンス向上を必要とするセグメントとは別に、データと運用特質に応じたソリューション効果が充分に発揮されるセグメントも明らかになってきております。このセッションでは同一データの重複保存による無駄を排除、新たにグリッド技術を取り入れたストレージ装置をご紹介します。
講師 日本電気株式会社
2009/07/15
15:20〜15:40

メインフレームVTL HYPERstor VT2 ソリューション

既にメインフレームの世界ではオープン系システムの部分的代用が一般的になっております。このセッションでは重複排除/グリッド技術を用いたストレージとの融合によるIBMメインフレーム向けVTL装置をご紹介します。
講師 住商情報システム株式会社
2009/07/15
16:00〜16:30

IQシリーズ 〜クラスターストレージ〜

“Resource on Demand”という言葉が近頃散見されます。もともとITシステムは業務効率化を目的として進化してきましたが、柔軟な拡張性と同時に継続運用が富に求められるようになりました。このセッションではPerformance and Capacity on Demandを実現するOneFSによるストレージ装置をご紹介します。
講師 アイシロン・システムズ株式会社
2009/07/15
16:40〜17:10

DataCore 〜仮想化時代に求められるストレージとは?〜

柔軟性が高く、ライフサイクルも長くなる仮想サーバ環境では、ストレージへの要件も多様化し、変化していきます。SANmelodyを使いソフトウェアでストレージの仮想化を行なうことで、ストレージのスモールスタートと、将来の拡張性の両方を実現し、コストの削減や最適化を実現します。本セッションでは、ソフトウェアによるストレージ仮想化の概要と仮想サーバ環境下におけるメリットをご紹介します。
講師 データコア・ソフトウェア株式会社
2009/07/15
17:10〜17:40

SMSストレージソリューション

「ストレージシステムは未だ構築・運用・管理に多大な負担が強いられ、データ増加とともにその比率が上がる」というのは過去のお話。特にSMB市場ではすべての局面においてシンプル化によるコスト削減が強く求められております。このセッションではストレージ管理全体に渡りシンプル化を実現したストレージソリューションをご紹介します。
講師 株式会社日立製作所

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


住商情報システム株式会社
住 所 : 東京都中央区晴海1-8-12 晴海トリトンスクエア オフィスタワーZ
TEL : 03-5859-3774
FAX : 03-5859-3097
e-mail : tateno@scs.co.jp
URL : http://www.scs.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50026456


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ