活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/06/20

活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナー


日立製作所


活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナーのセミナー概要 活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナーの申込み



開催日時

2009年7月24日(金)|申込み締切 2009年7月21日(火)
会  場 品川イーストワンタワー13Fハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2-16-1
※JR品川駅・中央改札口より徒歩約4分、京浜急行品川駅・高輪口より徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナー」の続きが読めます

活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】
BI BI BI
マンガで解決、難易度の上がったビッグデータ時代のBIツール活用術 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。

「BI」関連の特集


2015年は263億円の市場規模だった同市場。データの蓄積と分析とのソリューション提供に注力する占有…



大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…



ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…


「BI」関連のセミナー

日本初開催! 次世代統合型BI「Sisense」Day@神田 【グランバレイ/Sisense Japan】 注目 

開催日 3月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

デジタル・トランスフォーメーションとは、業務や情報のやり取りを、最新のBI・クラウド・IoT・AI・ブロックチェーンといった新たな技術を用いて、高速化・効率化す…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 2月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

養豚場にまでITの波が!事例から見るデジタル経営とIT 【ウイングアーク1st】  

開催日 2月21日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

ビッグデータ、AI、IoTなど、テクノロジーの進化に伴い、ビジネスにおけるデジタル化やデジタルデータの重要度が増しています。一方、実際にデジタル化・データ活用を…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「活きた情報活用で不況に打ち勝つ!BIツール体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50026221


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ