国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/06/11

国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜


東芝ソリューション販売首都圏/東芝ソリューション


国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜のセミナー概要 国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜のプログラム 国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜の申込み



開催日時

2009年6月26日(金) 14:00〜16:40|申込み締切 2009年6月26日(金)
会  場 品川イーストワンタワー21階小会議室
東京都港区港南2-16-1
品川駅港南口(東口)徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO

会員限定で「国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜」の続きが読めます

国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経理部門にも「働き方改革」、バックオフィス業務の効率化にERPが役立つ理由 【ミロク情報サービス】 MJS_会計システムソリューション 【ミロク情報サービス】 MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム
社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。 経理部門の負担をなくすには? 会計システム選定のヒントを公開 上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。

「会計システム」関連の特集


簡単さや、動作の速さ・安定性が重要視される同ソフト。2位以下に大きな差を付け、占有率41.3%で1位…



 前回の記事「もし会社の予算が超過していたら…どうしますか?」では、予算と実績を比較する上で、詳細(…



 「領収書の電子化が進めば日本全体で1兆円ものコスト削減効果が見込める」――そう語るのは旅費や経費精…


「会計システム」関連のセミナー

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】 締切間近 

開催日 10月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place) 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 11月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

fusion_placeは、計数業務の効率化をはじめ、予算編成・予実管理といったPDCAサイクルに基づく経営管理プロセスを支援する機能を備えた統合型ソリューショ…

経理で始める「働き方」改革の実例 【スーパーストリーム】  

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「SuperStream-NX」は、20年以上お客様を始めとしたマーケットの声に耳を傾け、8400社以上のお客さまにご活用頂ながら機能を磨き続けてきた経営基盤ソ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国際会計基準の衝撃〜国際会計基準(IFRS)の概要と対策〜」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50026006


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ