スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/06/04

スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化


富士通


スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化のセミナー概要 スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化の申込み



開催日時

2009年6月18日(木) 14:00〜16:30|申込み締切 2009年6月17日(水)
会  場 富士通Platform Solution Center(浜松町)
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル
JR山手線/京浜東北線浜松町駅直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|その他

会員限定で「スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化」の続きが読めます

スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する 【ヴイエムウェア株式会社】 IT投資コストの最適化、オンプレミスで従量制のリソース調達を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ 【日本オラクル株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する IT投資コストの最適化、オンプレミスで従量制のリソース調達を実現するには? CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ

「統合運用管理」関連の特集


仮想化・クラウドサービスの進歩で変化する時代の背後で大きな役割を果たす統合運用管理ツール。クラウド・…



1310億円規模と見込まれる2014年度の国内統合運用管理ツール市場。早期からオープン化に対応し、シ…



クラウドの本格利用が進む中、課題も見えてきた。特に問題なのは、既存環境とクラウドの混在で運用管理はど…


「統合運用管理」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 10月20日(金),12月19日(火),1月19日(金)   開催地 神奈川県   参加費 無料

こんな方にオススメですこの手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい…

JP1ジョブ管理製品のアセスメントとトラブル対応! 【主催:アシスト】  

開催日 12月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

自社のJP1にリスクは潜んでいないのか、トラブル時の対応をどうするか、そのヒントはここに。基幹システムを支え続けるJP1にもリスクが存在し、ビジネスを止めうる大…

国内トップシェア製品 JP1の提案や見積もりのコツ! 【主催:アシスト】  

開催日 11月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

システムに欠かせない運用管理製品 JP1 を皆様の武器に、ご提案のメリットとそのノウハウをご紹介運用業務を実現するために国内の多くのユーザ企業がJP1を選んでい…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スリム化投資の時代に求められるサーバ集約・仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025852


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ