第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/06/04

第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナー


IFRSパートナーコンソーシアム/日本オラクル


第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナーのセミナー概要 第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナーの申込み



開催日時

2009年6月17日(水) 13:30〜17:05|申込み締切 2009年6月16日(火)
会  場 日本オラクル株式会社 本社 13階セミナールーム
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
・地下鉄銀座線 外苑前駅 4B出口より接続
・地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線 青山一丁目駅より 徒歩9分
・地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅より 徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

88名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |その他

会員限定で「第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナー」の続きが読めます

第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

資金可視化で保有キャッシュ削減、コニカミノルタのグローバル財務管理術 【キリバ・ジャパン】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 財務責任者への調査で分かった、取締役会がCFOに不満を感じる6つの分野 【キリバ・ジャパン】
会計システム 会計システム 会計システム
グローバル企業の課題、グループ全体の財務管理を徹底する方法は 財務担当者必見、競争力強化のために注力すべき7つの分野とは? 財務責任者への調査で分かった、取締役会がCFOに不満を感じる6つの分野

「会計システム」関連の特集


オフコン時代初期から導入されており、市場導入率も高い、中堅/中小向け財務管理アプリの「財務管理パッケ…



 「領収書の電子化が進めば日本全体で1兆円ものコスト削減効果が見込める」――そう語るのは旅費や経費精…



2017年8月時点で、会計ソフトを導入する中小企業のうち、クラウド型を採用した企業は14.5%だった…


「会計システム」関連のセミナー

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介 【クレオ】  

開催日 6月26日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介〜IFRS対策や物品管理の一元化、予算作成のためのシミュレーションまで〜IFRS対応などを機に、固定資産管理のあり方を見直…

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】 締切間近 

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

【名古屋】ZeeM 会計 ご紹介セミナー 【クレオ】  

開催日 5月25日(金),6月27日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

【名古屋】ZeeM 会計ご紹介セミナー お客様企業全体での業務の平準化と合理化を実現「ZeeM 会計」は、BIツールによる財務分析をはじめ、高度な管理会計業務を…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「第2回 IFRSパートナーコンソーシアムセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025848


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ