データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/05/16

データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!


NECソフト/ウイングアーク テクノロジーズ


データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!のセミナー概要 データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!の申込み



開催日時

2009年6月12日(金)|申込み締切 2009年6月12日(金)
会  場 ウイングアーク テクノロジーズ セミナールーム
東京都港区港南1-8-15 Wビル14F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!」の続きが読めます

データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI
豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「BI」関連の特集


ビジネス環境が変化して陳腐化していったBIツール。このような経験を繰り返さないためには、どのように選…



 さて今回は「データサイエンティスト」について解説をさせていただきますが、読者の皆さんは「データサイ…



あの有名なIT企業でも、経営会議に向けたデータ分析に2週間も掛かっていた……。セゾン情報システムズが…


「BI」関連のセミナー

Qlik あきんどスシローが解説 データ分析実践セミナー 【マイナビ】 締切間近 

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

Qlik Sense Tour 東京 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「セルフサービスBI」とはよく耳にするようになったものの、真の「セルフサービス」とは何を指すのか?BIからビジネスチャンスを導き出す方法や、最新トレンド情報、導…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 8月21日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データ活用基盤の強化とITコスト削減を両立!」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025560


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ