コスト削減につながるNotesマイグレーション

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/05/15

コスト削減につながるNotesマイグレーション


アリエル・ネットワーク


コスト削減につながるNotesマイグレーションのセミナー概要 コスト削減につながるNotesマイグレーションの申込み



開催日時

2009年5月28日(木) 13:40〜14:25|申込み締切 2009年5月26日(火)
会  場 東京コンファレンスセンター・品川
東京都港南区港南1-9-36アレア品川
JR山手線 品川駅中央改札港南口(東口)より徒歩2分。

参加費

有料 8万2950円(税込)
定 員

300名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |情報システム部の統括

会員限定で「コスト削減につながるNotesマイグレーション」の続きが読めます

コスト削減につながるNotesマイグレーション」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「コスト削減につながるNotesマイグレーション」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI
『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。

「BI」関連の特集


錦織圭選手の試合データの分析結果は?福原愛選手の打球の軌跡は?業務部門がメインユーザーであるセルフサ…



BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



“次世代BI”とも言われるデータディスカバリツール。しかし、正直なところ「BIとの違いって何?」とい…


「BI」関連のセミナー

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 3月17日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「使える」から、「使いこなせる」へ。LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】 締切間近 

開催日 3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コスト削減につながるNotesマイグレーション」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コスト削減につながるNotesマイグレーション」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025519


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ